お気に入りビーズ本

少し応用編

2012年4月 9日 (月)

フィッシュボーン 改 & 石畳ブレスレット

Photo_10

虹色に光る、フィッシュボーン・・・・

桜がようやく咲き始めました。

さあ!お花見今年はどうしよう。。。

桜の楽しみ方は毎年様々です。

温泉つきのお花見会や電車で行く名所めぐり、

ふらっと近所の公園に立ち寄ってワンカップとからあげくん

で昼間からのんびり・・・・なんていうのもいい。

そうだ、玉造へ夜桜見物に行こうかな・・・・

・・・・むふふ、楽しみです!

   :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+ 

さて、写真をご覧になって「チョーカーなの?」

と思われていることでしょうが

Photo_4

実際はちゃんとブレスレットです。

ベージュパールの2.5mm玉とデリカビーズ、

ワックスコードはライトブラウンを使用しています。

何が「改」かと言いますと・・・・

前回の「フィッシュボーンブレス」は四つ編みだったのですが

今回は五つ編みと、ボリュームアップして再登場です。

Photo_5

こちらはグレーの五つ編みバージョン。

四つ編みは、軽い編み込みでほどほどのボリューム感でしたが、

五つ編みは、しっかりかっちりと編み込まれた

モコッとしたブレスに仕上がりました。

Photo_9

つけるとこんな感じ。

これからのシーズン、二の腕を露出する機会が増えてきます。

年々がっしりしてくる腕を何とかカバーしたい!

そんな時、この幅広ブレスが大いに役に立つはず。

期待も込めて、もう少し色のバリエーションを増やしていこうと

思ってます。

そして、前回ご紹介したTila Beadsとワックスコードで

シンプルにまっすぐ織って作った「石畳ブレス」。

12_4

ワックスコードのクリーム、つや消しゴールドパール、

白のウッドビーズを使用してます。

これは簡単!!1日あれば出来ちゃいます。

しかもTila Beadsが揃っていればあとは手元に余ったビーズ

で出来てしまう、超お手軽なブレスです!

15

何と言ってもアンティークカラーのTila  Beadsが素敵!!

鈍くゴールドに光るブルーグリーンが絶妙です!

シェルボタンとの相性もとても良かったです。

これは当分Tila漬けになりそう・・・・

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2012年3月19日 (月)

卒業を見送るコサージュ

1_2

早春のカメリア(椿)-花言葉は「ひかえめな美徳」

「卒業式に送る側として参列するんだけど、

いかにもなかんじではなくて、出来る限り

控えめで且つキラキラしている感じのブローチはない?」

というリクエストをいただきました。

卒業式・・・・光栄です!!

その日はうれしくてなかなか寝付けませんでした。

早速当日合わせるスーツを拝見したのですが、

茶のツイードのスーツでボトムスはロングスカート。

う~ん・・・ブローチより断然コサージュの方が良さそう!

ビーズ織りでコサージュは今まであまり作る機会がなかったので

今回はとてもいい勉強になりました。   

フォーマルを演出するなら黒やゴールド、パールホワイト

などがいいのでしょうが、「何よりさりげなさが重要」との

ことだったので花びらを同系色でまとめたコサージュに仕上げました。

Photo_2

メタリックな茶金とつや消しの薄紫、赤のラスターの3色で

花びらを作り、3mmチャトンを織り込んでいます。

ワイヤーを通して形を整え、

芯は2mmのベージュパールとベネチアンビーズ、

仕上げにチェコビーズとパールでフリンジを飾りつけ。

色はかなり落ち着いていますが、質感の違うビーズが

それぞれ異なる光り方をするので、立体感のある

昼も夜もキラキラなコサージュになりました

パールやゴールドチェーンのロングネックレスなどと合わせて

カジュアルダウンして使うのもいいですね。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

花びらの形や大きさなどは

「いますぐ作りたいコサージュ」文化出版局編

Photo 

を参考にしました。実物大パターン付なので

ビーズ織りで作る場合も重宝しますよ。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ところで、ビーズの収納ってどうしてますか?

何があるか一目瞭然な収納って本当に難しいですが、

先日購入した無印良品のアクリルメガネケースが

とても便利です!!

3

デリカビーズの20gのケースが9個、きっちり納まります。

写真は四つつなげて使用してます。

Photo_2

黄色~赤までをこちらに収納しました。大満足!!

デリカビーズは全部これで収納したいです!置く場所

と予算が厳しいので、また今度ゆっくり揃えることに・・・・。

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年10月 7日 (金)

インテリア小物に挑戦!-鹿のタペストリー完成編

P1020824

ニット柄が暖かな、鹿のタペストリー完成です!

秋も深まり、花粉症に再び悩まされるこの頃です。

さて、今日は告知をさせていただきます。

この度 なんと二人展を開催する運びとなりました!

現代絵画とビーズ織りという、全く異なるジャンルでの

コラボレーションとなります。

私の力量不足は否めませんが、機会を得たからには

ビーズ織りに少しでも興味を持っていただけるような

展示にしたいと意気込んでいる次第です。

P1020672_2 

「ART&BEADS WORK展」

日時:10月26日(水)~30日(日)

時間:10時~17時(最終日のみ16時)

場所:タウンプラザしまね(市町村振興センター)

    1階イベントホール

***旧博物館向かいです。駐車場あります***

お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りくださいませ!

お待ち申しております。

次回、もう一人の紹介をさせていただきたいと思います。

さて、鹿のタペストリーがようやく完成しました!

季節感は思いっきり「冬」ですが、フォークロアパターン

やニット柄とマッチして、暖かみのある作品に仕上がったと

思います。

では早速、次いってみよう~

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

織り方は今回省きます。

バーを通す部分からご説明します。

① 図案の最上段まで織ったら、

P1020789P1020791

最上段を「わ」にして帯部分の最後まで織り

糸始末します。

② 織り機から降ろし、手で平らにならした後、

P1020793

 3本の帯以外を糸始末します。

③ 生地をひっくり返し、3本の帯を「わ」を中心に折り

P1020795P1020796

 縦糸にビーズ針を通し、真下の同列の横糸をすくいながら、

 まっすぐ5cm以上縦糸を通し、糸始末します。

P1020798_2 

④ タッセル飾りを作ります。

P1020801

材料:DB723(赤・ギョク)×1

    アクリル玉(クリア・10mm)×1

    ファイアーポリッシュ(赤・4mm)×39個

    FPロンデル(赤・6mm)×2個

    テグス・白糸・9ピン2本・丸カン1個

    アクリル玉(赤・8mm)×1個

    

1)テグスでビーズ玉を作り、ロンデルをはさみ9ピンを

 通します。

2)9ピンの下の輪に長めの白糸を15cm残して結び、

 房をフリンジの要領で作ります。

 

デリカ赤を2cm・FP・デリカ2・FP・デリカ2・FP・デリカ1

 を13本、9ピンの輪に引っ掛けるように。

3)房ができたら残っている糸に5cm程度デリカ赤を通し、

 9ピンの輪を覆うように2回ぐるぐる巻きつけます。

 2)の残した糸と3回結び、ビーズに通して始末します。

⑤ ④のタッセルにアクリル玉のレッド8mmを9ピンで

  つなぎます。

⑥ タッセル飾りをぶら下げる輪っかを作ります。

P1020802P1020805

  長めに切った白糸を2本取りにビーズ針に通し

  途中で横糸に結んで数段分コの字に通していきます。

  中央5個の外側から針を出し、デリカブルー37個を通して

  左右対称になるように針を通します。

P1020806P1020807

 この輪より1個内側にデリカ35個、

 さらに1個内側にデリカ33個通して輪にし

 糸始末します。

⑦ 出来た輪3本に丸カンを1個、中央になるように

  通してタッセル飾りをつなぎ、完成です!

P1020813

  

今回は刺繍用のウッドハンガーを使いました。

茶のスエード紐と良くなじんで

雰囲気作りに一役買ってくれてます。

P1020824

鹿のタペストリー、いかがでしたか?

  これくらいの大きめサイズだと、満足感も

  さすがに大きいです!

  次回はまたまた、インテリア小物をご紹介しますよ。

  お楽しみに・・・・

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年9月29日 (木)

秋色ストリングネックレス完成編+つけ襟風ネックレス(図案編)

P1020768_3

召しませ、秋色ネックレス

今日の松江は、秋晴れの穏やかな1日でした。

不思議なもので、そんな日の夜の鈴虫の音色は

また格別に美しく聴こえるのです。

テレビも音楽も消して、頂き物の梨に舌鼓を打ちながら

鈴虫の音色に耳を傾ける・・・。秋の恵みを感じる瞬間です。

P1020781_3

擦り切れて「使われすぎて本望」な姿の新明解を眺めたり、

もう少しでおでんの美味しい季節になるのか~・・・なんて。

こんなぼんやりなひとときが、とても好きなのです。

今日も実にいいぼんやりでした。

さて、2本立てで織っていた秋色ストリングネックレスが

いよいよ完成しました。違うタイプのネックレスが一度に

出来た喜びもあり、とても満足です!

基本の手法で作れて得られる喜びが大きいのが、このストリングネックレス。

やはり是非作っていただきたいものです!

花柄のネックレスに使った地色の白アラバスターの銀引(DB221)は、

他の色をしっとりと落ち着かせるのでとても重宝な色です。

P1020779

金ビーズの輝きがマット気味に抑えられています。

これが白のギョクビーズだと他の色がくっきり鮮やかに

見え、やや派手目なネックレスになったと思います。

P1020769

こちらはおなじみのフォークロアパターンです。

このようなカジュアルな柄は、地色ビーズをつや消しにすることで

子どもっぽさを抑えることができます。また、ニットに合わせても

浮かずになじんでくれます。

質感の使い分けはとても大事な要素ですね。

さて、秋色ストリングネックレスが完成したところで

今回はつけ襟風ネックレスに挑戦しますよ。

早速、次いってみよう~

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

それでは図案です。

Photo

 カウント:79目×177段(これを2枚作製)

 出来上がりサイズ(予定):11.3cm×29.5cm

 使用するビーズ:デリカビーズ

             DB831(地色・薄ブルー)×4、

             DB221(白アラバスタ・銀引)×1、DB38C(銀・カット)×1

             ・・・・以上20gケース

             DB34C(薄金・カット)×2・・・3gケース

 使用する材料: 織り機(大)、織り針2本、白60番糸、ビーズ針

             留め具:カニカン×1またはフック×2

                  丸カン(5mm)×2

【 糸掛け 】

白糸を70cm×80本切り20本ずつ束にして片側結んで

おいてから、織り機(大)に糸掛けしていきます。

さて、つけ襟風ネックレスはやや大物なので

 合間に色々入れていくことになると思います。

 色が薄いためかやや図案がぼけていますが

 これも何とかしなくては!

 次回はいよいよタペストリーの完成編です!

 どうぞ、お楽しみに・・・

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年9月15日 (木)

オブジェにどうぞ、スワローブローチ編

P1020722

キッチュなツバメの出来上がり・・・・

先日苦楽をともにしてきた織り機(中)が

芯からバッキリ折れてしまいました・・・・。

丁度大きい織り機が使用中だったので、タペストリーは

こちらを使おうと糸掛けをしていた途中でした。

落としたわけでは無いので、完全に疲労骨折です。

10年間酷使したからなあ・・・

始めた頃を思い出して、ちょっとしみじみ。

さて、今年の春に神戸へ行った時の事。

栄町通りの雑貨屋さん巡りをしていて目に留まったのは、

アンティークのプチポアンやモザイク、

ルーサイトやベークライト製の大きめブローチ。

いずれも置いてあるだけで素敵オーラが!

ショーケースにかじりつくように眺め、ショップの

スタッフさんに出してもらって眺め、収めてはまた眺め・・・。

長い時間粘って目に焼き付けながら、

「織りでこんな雰囲気のブローチが出来ないかな」と

それ以来考えていました。写真は試作第一号です。

P1020724

・・・・確かに大きいブローチですが、なんだか

ヨーロッパのお土産物っぽい雰囲気が出てます。

シックではなくてキッチュ。

アンティークショップではなくて蚤の市。

でも、コーナーにちょこっと置くにはいい大きさです。

大好きなツバメをモチーフに出来たので

今回はこれで良しとしましょう!

では、早速次行ってみよう~

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

まずは図案から。

Photo

 使用するビーズ:デリカビーズ・・・・全て3gケース1つ

      DB217(地色・ターコイズブルー)、DB47(ツバメのブルー)

      DB1570(グレー・ツバメ影)、DB201(白・ツバメ顔他)

      DB31(金・ツバメ目・点々)、DB1562(黄色・口ばし・胸)

      赤・ピンクの花模様は余りビーズで対応

      フレームの編み込みに使用するビーズ・・・

      ファイアーポリッシュ(ターコイスブルー・4mm)×74個

      フレンチビーズ(黄緑・4mm弱程度の大きさのもの)×74個

      スワロフスキー#5301(モンタナ・3mm)×37個

      DB31(金・縁に通すビーズ)・・・37個

 使用する材料:厚紙(生地の大きさ)、合成スエード(7cm四方)

            ブローチ台(手持ちのもので)、両面テープ

            ボンドまたはグルーガン

            織り機(小)、ビーズ織り専用テグス、織り針2本

            ビーズ針、テープ

【 手 順 】

① 織り機に楊枝を1本ずつ刺し、テグスを切らずに縦糸40本分

  楊枝に引っ掛けながら糸掛けします。

P1020680P1020678

 専用テグスは極細のテグスです。今回は糸が見えないほうが

 いいので、こちらを使用します。

② テグスを長めに切って、両端に織り針を通し

  図案の下から織っていきます。

  左右のテグスが足らなくなった時は、足らない方は糸始末し、

  新たにテグスを切って横糸に結んで糸を継ぎます。

③  織りあがったら糸引きの準備です。

P1020683P1020684

 テグスなので、下が白いと見えません・・・。

④ 糸引きの順番です。

Img_0003

 この順番に糸を引いていきます。

 テグスは絡まりにくいので、とても糸引きしやすいのです!

 見えにくいのが難点ですが。

P1020693

 テグスだと糸が見えないので、すっきりしてます。

 また、60番糸で織るよりもしっかり硬めに出来上がります。

⑤ 合成スエードの切れ端と厚紙を準備します。

P1020699P1020702

 厚紙は織り生地大に切り、両面テープを貼ります。

 織り生地の裏に接着し、ブローチ台をボンドなど

 で接着します。

 今回はアートフラワーなどで使用するグルーガンで

 接着してます。ブローチ台はシャワーブローチの台が

 爪が折れて使えない物を代用してます。

 

P1020703P1020704

 スエードはブローチの金具位置に切れ込みを入れておきます。

 厚紙に両面テープを貼り付けておきます。

P1020705

 金具の針をはずして切れ込みに差し込んで

 台にしっかり貼り付けて周辺をカットします。

⑥ フレームを編み込んでいきます。

P1020706

 一周目。各ビーズとも37個使います。織りで糸引きした

 テグスを使って編み込んでいきます。

P1020709P1020710

 2周目。FPとフレンチビーズで編みこみます。

 糸始末はまだです。

 

P1020711P1020712

 2周目の外周(フレンチビーズ)に糸を通して

 台を裏を上にしてはめ込みます。

 その状態で糸をぎゅっと引き締め、糸始末します。

P1020714

 新たにビーズ針にテグスを通し、15cmテグスを残して

 スワロ3mm1個に針を通したら金1個通しまたスワロに通します。

 ぐるっと一周したらぎゅっとテグスを引き締めて、糸始末します。

出来上がり!早速、服につけてみました。

P1020725

 ・・・・大きいですね。大きめどころじゃないかも。

 やはりオブジェとして飾るほうがお薦めです。

 フレーム無しだと大きさは感じないけど、質感が

 もうひとつなんですよね・・・。

 織りのアレンジとしてフレームはとても使いやすい

  手法だと思います。あとはもうひとまわり小さいサイズ

  に作れば、使いやすい大きさになると思います。

  ビーズ織りは織りよりもアレンジに悩まされることが多いので

  ここでできるだけ多くの方法をご紹介していこう、

  と思ってます。  勉強、勉強!

さて、スワローブローチいかがでしたか?

次回はもうひとつアクセサリーを予定してます。

お楽しみに。 

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年9月 9日 (金)

インテリア小物に挑戦!-鹿のタペストリー編

Photo_3

リクエスト頂いていた「トイプードル」図案完成です!

夜、めっきり涼しくなりました。

明け方などは薄手の布団が必要なほど。

未だ夏気分が抜けきっておりませんが、

もうすっかり秋なんですね。

さて、りんごママさんからのリクエスト「チワワ」に続いて

「トイプードル」の図案がようやく完成しました。

「レッドまたはアプリコット/カット3種」で作成してみましたが、

いかがでしょう。それっぽく見えますでしょうか・・・・。

 使用するビーズは次の通りです。

プードル:DB769(こげ茶・つや消し・スキ)

      DB764(茶・つや消し・スキ)

      DB1261(黄土色・つや消し・スキ)

      DB742(ベージュ・つや消し・スキ)

      DB10(黒・目・鼻)、DB321(シルバー・目)

*背景の色は、はっきりした明るめの色を選んで。

 ただし赤・オレンジなどの茶系統の色は本体の色と

 同系色なので避けたほうが無難です。

今回は、かなりビーズの色を選ぶ図案ですので

念のため先に色の検証をしてみました。

P1020675

下は失敗例。

ビーズの質感が明らかに違いすぎでした。

背景も赤だとアウトラインがぼやけて見えます。

上は上記指定のビーズを使用しています。

プードル本体を全て「つや消しのスキビーズ」で統一

して、色の濃淡で毛の立体感を出しています。

ビーズの質感を合わせれば立体感を出しやすい

ですね。

図案の出来上がりサイズは2.8cm×4cm。

7月末にUPしたエンブレムブローチのように

通す帯を上に足して織って大きめリングを通したら、

キーホルダーとしてアレンジしやすいと思います。

***簡易織り機の長さがぎりぎりなので

織り始めは出来る限り手前からお願いします***

お試しいただければ幸いです!

さてさて、「インテリア小物に挑戦!」。

今回は、ずっと寝かせてたタペストリーにいよいよ取り掛かります!

では、次いってみよう~

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

タペストリーの図案を考えるにあたり、

1.フォークロアな雰囲気で

2.自然の景色を題材に

3.メインは鹿で、バンビではないりっぱな角をもつ

 かっこいい牡鹿

と、条件を並べてみました。

秋を題材にするとしたらイチョウや紅葉・・・

「花札」のような図案になってしまうので今回はなし。

ムースもいいけど、あの大きな角だと図案が重くなりそうだから、なし。

やはりイメージにピッタリなロケーションは冬景色。

しかし、雪に埋もれすぎると背景が寂しすぎる・・・・

・ ・ ・ ・ 

そこで、

厳しい冬を越した「雪解けの春」の景色を背景にして

岩場を登る牡鹿を図案にしてみました

Photo_2

 カウント:71目×170段

 出来上がり予定サイズ:10.2cm×28.3cm

 使用するビーズ:デリカビーズ

          DB217(空色)、DB201(白)×2・・・・・20gケース

          **これより下は、3gケース

          鹿カラー:DB734(こげ茶)×2、DB144(茶)

                DB651(黄土色)×2

          雪から覗く緑・・・DB262(黄緑)×2、 DB390(薄茶)×1

                DB391(抹茶)×2

          岩肌・山アウトライン・・・・DB321(グレーつや消し)

          もみの木・・・・DB690(濃い緑)、DB391

          フォークロアパターン・・・DB796(赤)×2

                DB47(青・銀引き)、DB262(黄緑)、DB651(黄土色)

使用する材料:織り機(大)・・・・(中)はバネ数が縦糸68本分と、

         若干数足りないのです。今回は72本必要です。

         どうしても(中)でないと、と言う場合は、バネの不足分を

         両側2本を2重に縦糸を掛けて補ってください。

         織り針2本、ビーズ針、60番白糸

         タペストリー用資材(刺繍用)1個

【糸掛け】・・・・60番白糸を70cm×72本切り、3つの束に分けて

         織り機に糸掛けします。中サイズを使用するときは

         上記の方法で。

 念願のタペストリーです!

  なかなか完成に至らず、しばしば寝かせた図案

  ですが、季節が近づいてくると気分が乗ってきました!

                

  このタペストリーは織り上がりまでしばらくお時間

  頂きます。間にアクセサリーを入れる予定ですので

  次回、お楽しみに!

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年8月25日 (木)

アミュレットパースで遊ぶ-シェルパース編(完成)

P1020598

今回も、大きめサイズです・・・

前回チワワの図案をUPしましたが、

色を検証せずに、というのはやはり心苦しい。

そこで、手持ちのビーズで検証してみました。

P1020600

指定カラーと違う点を挙げると・・・

地色は指定カラーより緑がかったつや消しのDB759

ベージュはDB205よりやや明るめのDB732

白はDB203のオフホワイトより白いDB201

舌や耳、指はサーモンピンクのDB70

 

を、それぞれ使用してます。

黒と茶犬で使用する白は、オフホワイトより

真っ白の方がメリハリがついていいかもしれません。

あとは似た色で対応できそうです。

参考にしてみてください。  

さて、シェルパース本体が出来上がった時。

P1020577

憧れのシェルコンパクトの煌きを写した

かわいいパースにしようと思ったのですが・・・・

やあ!永沢くん!・・・・じゃなくて。(ちびまる子ちゃん同級生)

・・・・・ん~・・・・む~・・・・

・・・・・ ちょっと大きいかな ・・・・・

もうひとまわり、サイズダウンしてもよかったかも。

あっ!トルソーは9号だから私が付けたらそうでもない!

・・・・なんて悲しいボケは置いといて、

出来てしまったのですから、できるだけいい物に仕上げたい!

今回の対策として考えたのは

● 下のアウトラインをフリンジなどで隠す

● バランスをとるためにチェーンを長めに

の2点です。

今回は本体が織り上がったところから始めます。

では、次いってみよう~

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

①縦糸の始末をします。

P1020526P1020527

織り完成後、織り機から降ろして手でならします。

P1020530P1020533

2つにたたんで、上になった面の縦糸を脇にどけて、

底の両側に残っている縦糸を引きます。

P1020531P1020532

下になった面の縦糸を引きます。手で生地面を押さえながら

引きすぎないよう気をつけて。

P1020536P1020537

終わったらあとの縦糸を始末します。この真ん中から始めます。

② 脇をはぎます。糸を70cm程度、ビーズ針に通します。

P1020541P1020542

脇の2段目に針を入れ、1回横糸に結びつけたら

P1020543P1020545

引き締めてそのまままっすぐ2cm分程度針を進め、

P1020546P1020549

上の段に針を入れます。そのまま端に針を出し、

脇をはぎ始めます。

P1020550_2P1020551_2

かがり縫いの要領で縦糸同士を

段をずらさないようにかがって行きます。

P1020552P1020553

一方の脇が縫い終わったら最後の段だけもう一度かがり、

最後の段に針を入れ、まっすぐ反対側まで通します。

P1020554P1020555

もう一方もかがったら糸始末して完成です。

かがり縫いは強すぎず弱すぎず。

③トップのチェーンを通す部分とリングを通す部分を

 内側に輪になるよう縫い付けて本体完成です。

P1020606

 細いほうがリング、太いほうにチェーンを通します。

④フリンジをつけましょう!

5

表から順番につけていきます。フリンジが緩まないように

糸は充分引き締めて。

1~30まで付けたら一旦糸始末し、

裏からA~Oまでつけます。

糸始末が済めば完成です!

P1020580_2

バランスをとるためのチェーンの長さは、1m。

フリンジに使ったパールがいい雰囲気を作ってくれています。

最初はちょっと心配でしたが、

なんとかなったのではないでしょうか?

 さて、次回はインテリア小物に挑戦編を

  お送りしますよ!どうぞ、お楽しみに。

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年8月18日 (木)

アミュレットパースで遊ぶ-シェルパース編

A

ビーズ作品の写真を撮るのは、とても難しい!

世界を好きか嫌いかで判断する癖をやめて、

物事の本質を見るようにすれば、

今よりずっと心は落ち着いてくる

『THE MENTALIIST メンタリストの捜査ファイル』

パトリック・ジェーンの台詞より

デジタルTVを購入した際、勢いでCS放送を契約した

ご家庭は少なくないはず。

我が家も例外ではありません。

お陰で海外ドラマ、中でもアメリカドラマがぐっと身近なものになり、

毎週の放送を心待ちにする番組も増えてきました。

あまりにドラマが面白いので、映画チャンネルをキャンセルしたほど。

特に刑事ドラマにはまっていて、「CSI NY」「クリミナルマインド」、

そして「THE MENTALIST」「Lie To Me 嘘は真実を語る」

はエアチェックを欠かせません。

科学捜査やプロファイリング、または犯罪心理コンサルタント

や心理学者が捜査に加わるなど、捜査方法も実に多種多様で

彼らの辣腕ぶりに魅了され心が躍ります。

( 実際にアメリカの警察現場にはコンサルタントとして

 専門家が捜査に携わることがあるそうですね。)

冒頭の台詞は、犯罪心理コンサルタントのパトリック・ジェーンが、

あることで収監されてしまい、そこの囚人のリーダーに挨拶がてら

「おれはお前が気にくわねぇ」とすごまれた時に言った言葉です。

その後、リーダーは牙を抜かれたライオンの如く

おとなしくなってしまうのですが・・・(笑)ちょっと出来すぎ感は否めませんが

そこは置いといて・・・・

最近TVなどを見ていて妙にイラつくことがあれば

この言葉を思い出すことにしています。

パトリック・ジェーンは、人の心を表情や行動から読み、言葉や

時には催眠を巧みに利用して人を操る術を持っているのです。

私もすっかり操られているのかもしれませんね。

でも「木を見て森を見ず」なんて言われるより

こちらの方がずっと優しくて好きです。

皆さんも、ジェーンの術にかかってみませんか?

(「THE MENTALIST」はスーパー!ドラマTVで放送中です)

さて、インテリア小物を予定してましたが、図案が

行き詰ってしまい、少しお時間頂戴します。・・・なので

今回は「アミュレットパースで遊ぶ」編に変更しようと思います。

では、次いってみよう~

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

まだ幼かった頃、女の子を虜にするものと言えば

やはり「お母さんのお化粧品」じゃないでしょうか。

特にコンパクトケースやパウダーケース、香水ビンがまとう

子どものおもちゃには無い美しい装飾と高級感に、

ただひたすら憧れたものでした。

その頃の憧れのコンパクトケースをアミュレットパースに

してみました。

 まず、図案から。

Photo_2

 カウント:53目×106段

 出来上がりサイズ(予定):7.06㎝×17.66㎝

 使用ビーズ:デリカビーズ・・・DB70(地色・サーモンピンク) ×1(20g)

        DB34C(金・カット)×2、DB55(薄ピンク)×1

        DB221(白・ラスター)×1、DB41(クリア・銀ライン)×1

        以上3gケース

 使用する材料:生成りの60番糸、織り機(中)

             織り針2本、ビーズ針、テープ

             金具:直径1.5cm程度のリングパーツ(金)

                 チェーン(70cm程度・ゴールド)

【 糸掛け 】

60番糸を70cm×56本切り、54本は普通にバネに通し、

左右から23本目は縦糸を2本重ねます。

(この部分はチェーンを通すので補強が必要です)

P1020483

ここからスタートです!

 次回は完成編をお送りします!

   どんな風に出来上がるかはフリンジ次第かな・・・。

   どうぞ、お楽しみに!

P1020502 

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年8月 3日 (水)

簡易織り機キットプレゼント企画!-大きめペンダント編

P1020300_2

仕上げがまだなのですが、とりあえずUP・・・

胸元が大きく開いたタンクトップやシャツを着るとき

ちょっとカバーしてくれる大き目のペンダントがあると

便利ですね。

そう思って作ってみた試作品です。赤いネット部分は

手直しする必要がありそう・・・・。

ちょっと好みが分かれそうなデザインですが

赤がパリッと効いたおもしろい物になりました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

 さて、ここで問題です。

このペンダントは実在の何かを図案化したものですが、

それは一体何でしょう?

ヒント1:ニューヨークにある有名な建築

      ○○○○○ービル

     ( 写真をひっくり返して見てみましょう )

 ヒント2:エンパイアステートビルとの高さ競争で負けたビル

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

  今回、日ごろの感謝を込めて、

この問題に正解された方の中から、

①抽選で3名様

「簡易織り機作製キット」と織り針、ストラップ材料のセット

②抽選で3名様

とっておきビーズ盛り合わせ(写真は一例)

P1020266

のいずれか一方をプレゼントします。

奮ってご応募下さいね!

(応募方法)    

左下に出ている「メール送信」をクリックし

必要事項をご記入の上、期限内に送信してください。

応募期限:8月3日(水)~8月7日(日)

【必要事項】

お名前(ハンドルネームでも結構です)

メールアドレス

問題の答え

ご意見・リクエストを一言

* 抽選結果は、8日に当選者へメールでお知らせすることで

  発表に代えさせていただきます。

* ご応募メールが迷惑メールとして処理されて

  しまう場合もありますが、

  その際は誠に申し訳ありませんがご容赦下さい。

 さて、初試みのプレゼント企画ですが

  いかがでしたでしょうか?

  問題が難しいかも・・・・ですが

  皆様のご応募お待ちしております!

  

 次回は、ペンダント種明かし編と

  ランプの3回目をUPします!

  織りが終わってフリンジをつけていきますよ。

  どうぞお楽しみに・・・・。

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年6月14日 (火)

フィッシュボーンブレスレット編-完成編

P1010699

なぜ「フィッシュボーン」かは、後のお楽しみ

そろそろマイカーを買い換えないといけない。

とても愛着のある車なので手放すのは寂しい。

・・・・しかし超高燃費な上に自動車税もぐんと上がったので

考えざるを得なくなりました。

エコカー減税の期限もあるので、先月から

ハイブリッド車か低燃費ガソリン車に重点を置いて

メーカーの一押しを試乗させてもらってます。中でも

リッター30km以上のハイブリッドカーは魅力ですね。

あとは懐具合と相談です・・・・。

それにしても、ハイスペックな自動車は低燃費を着々と実現

できているのに、なぜ一般家庭用の「低コストで低燃費」な

発電システムは実現できてないのでしょうね?

猛暑と節電の板ばさみになるくらいなら、一戸建て用の

自家発電システムを早急に開発して欲しいものです。

さてさて、

夏に向けて軽やかなブレスレットが欲しい。

そう思って作ってみたのですが・・・・・

狙いは確かだったものの、今回は

色あわせがもう一つ微妙な出来上がりです・・・・・、惜しいことに。

しかし、いくらでもアレンジできる手法なので、

是非別の色で挑戦していただきたい、と思います。

では、早速次いってみよう~

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ビーズ織りの編みこみブレスは、

編みこんだ面のビーズがよれて皺になりやすく、

なめらかに仕上げることが結構難しい。

この難点がいやで、ずっと編み込みに手が出ませんでしたが、

ビーズが滑りにくい素材なら皺がよりにくいのでは?

と思い当たり、縦糸をビーズ糸からワックスコードにして

試しに作ってみることにしました。

****************** ☆ **********************

出来上がりサイズは、手首に巻いた状態で約17cmです。

準備するものは・・・・・

材料:ワックスコード(蝋引き紐)グレー 7m分

   デリカビーズ DB201(白)×1、DB38C(シルバー)×1(3g)

   ウッドビーズ 白・3mm玉×220個

   シェルボタン(グレー・直径15mm)1個

   60番糸グレー

使用する道具:織り機(中)、織り針(先を切ったもの)

         テープ

****************** ☆ **********************

① まず、ワックスコードを40cm×16本切ります。

② 織り機にワックスコードを4本セットします。

P1010654

  織り始めまでを15cm取り、バネに通します。  

  その時、2本目と3本目の間を縦糸2本分あけます。

③ 織り始めます。

  60番糸グレーを使いやすい長さに切り、織り針に通します。

  ウッドビーズは通し穴がざらついているので糸がぼそぼそに

   なりやすいのです。糸はあまり長く切らないで下さい。

P1010655

  白1粒・ウッド1個・白1粒を1段織ります。

  ワックスコードが太いので1粒ずつすくって

  織ります。

P1010656P1010657

  2段目の1つ目をはめ込んだら、縦糸の2本目と3本目の間から

  1段目のウッドビーズに針を通し、

  また針を下に戻して3つ目をはめ込みます。

P1010659P1010660

  縦糸の上から白・ウッド・白と針を通します。

  これをウッドビーズ52個分繰り返します。

P1010662

④ これを4本作ります。

P1010664

・・・・なんか、3枚に下ろした後の魚の骨に似ています。

このとき「フィッシュボーンブレスレット」と命名しました。

⑤ 織り機に4本を②同様にセットします。

  織り始めの位置をそろえてバネに通します。

P1010665

  バーに巻きつけたコードをテープで固定します。

  反対側も同様にします。

⑥ 4本分つなげて織ります。 

  4本の織り生地の下から1段目を織り始めます。

P1010674

  1段目:白4・シルバー1を3回繰り返した後、白4

  2段目と3段目:要領は最初の③と同様ですが、

           間にシルバー1を入れます。

  この1段目~3段目を2、3回繰り返し、最後にシルバーのみ1段

  織って、糸始末します。

⑦ 反対側を手前にして、手前のコードをバネからはずします。

  ここから四つ編みにしていきます。

P1010675P1010678P1010679 P1010680P1010681P1010683

  4回繰り返したら、手前のバネにコードを通してテープでとめ、

  ⑥をウッドビーズ1個分織ります。最後にシルバーのみ

  1段織って、糸始末します。

P1010684

⑧ さて、ワックスコードは糸引きできないので

  巻き結びして仕上げます。

  縦糸を半分に2束にし、真ん中から左右に

  それぞれ縦巻き結びしていきます。

  1段目は1本取り、2段目は2本、3段目は3本で

  4段目でひとつにまとめて結びます。

  最後に左右を真ん中で本結びにし、余分な糸を切ります。

P1010685

 もう一方は中央2本を除いて、同様に縦巻き結びし、

 最後に本結びします。

 中央2本の一方に1.5cmあけてシェルボタンを通し、 

 もう一方のコードにひと結びし、糸端は5mm残して切ります。

 もう一方も同様にボタンに通してひと結びします。

 ・・・・・縦巻き結び・本結び・ひと結びの方法は、

 ヘンプやワックスコードのアクセサリーの本に詳しく

 説明されています。よってここでの説明は控えさせていただきます。

 後は、糸端をライターであぶって、接着させたら完成です!

P1010692

 ボタン部分はこんな感じになってます。

P1010703

軽さを重視してウッドビーズを使用しましたが

地味すぎました・・・・。

しかし、仕上がりは狙い通りきれいに出来ました。

ワックスコードは色が多彩なので、いろいろ試してみてくださいね。

P1010706

編みこみではなく1本で長く作ると

ぐるぐる巻くラップブレスレットになります。

ワックスコードだとかなり手軽に作れると思います。

ぜひお試し下さい

P1010708

こちらの本は、結び方の説明がわかりやすいです。

 さて、次回は「インテリア小物に挑戦編」です。

  何を作るかはお楽しみ、ということで。

  少しお待ちくださいね。ではでは・・・・

  

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

漢検DS