お気に入りビーズ本

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月29日 (木)

秋色ストリングネックレス完成編+つけ襟風ネックレス(図案編)

P1020768_3

召しませ、秋色ネックレス

今日の松江は、秋晴れの穏やかな1日でした。

不思議なもので、そんな日の夜の鈴虫の音色は

また格別に美しく聴こえるのです。

テレビも音楽も消して、頂き物の梨に舌鼓を打ちながら

鈴虫の音色に耳を傾ける・・・。秋の恵みを感じる瞬間です。

P1020781_3

擦り切れて「使われすぎて本望」な姿の新明解を眺めたり、

もう少しでおでんの美味しい季節になるのか~・・・なんて。

こんなぼんやりなひとときが、とても好きなのです。

今日も実にいいぼんやりでした。

さて、2本立てで織っていた秋色ストリングネックレスが

いよいよ完成しました。違うタイプのネックレスが一度に

出来た喜びもあり、とても満足です!

基本の手法で作れて得られる喜びが大きいのが、このストリングネックレス。

やはり是非作っていただきたいものです!

花柄のネックレスに使った地色の白アラバスターの銀引(DB221)は、

他の色をしっとりと落ち着かせるのでとても重宝な色です。

P1020779

金ビーズの輝きがマット気味に抑えられています。

これが白のギョクビーズだと他の色がくっきり鮮やかに

見え、やや派手目なネックレスになったと思います。

P1020769

こちらはおなじみのフォークロアパターンです。

このようなカジュアルな柄は、地色ビーズをつや消しにすることで

子どもっぽさを抑えることができます。また、ニットに合わせても

浮かずになじんでくれます。

質感の使い分けはとても大事な要素ですね。

さて、秋色ストリングネックレスが完成したところで

今回はつけ襟風ネックレスに挑戦しますよ。

早速、次いってみよう~

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

それでは図案です。

Photo

 カウント:79目×177段(これを2枚作製)

 出来上がりサイズ(予定):11.3cm×29.5cm

 使用するビーズ:デリカビーズ

             DB831(地色・薄ブルー)×4、

             DB221(白アラバスタ・銀引)×1、DB38C(銀・カット)×1

             ・・・・以上20gケース

             DB34C(薄金・カット)×2・・・3gケース

 使用する材料: 織り機(大)、織り針2本、白60番糸、ビーズ針

             留め具:カニカン×1またはフック×2

                  丸カン(5mm)×2

【 糸掛け 】

白糸を70cm×80本切り20本ずつ束にして片側結んで

おいてから、織り機(大)に糸掛けしていきます。

さて、つけ襟風ネックレスはやや大物なので

 合間に色々入れていくことになると思います。

 色が薄いためかやや図案がぼけていますが

 これも何とかしなくては!

 次回はいよいよタペストリーの完成編です!

 どうぞ、お楽しみに・・・

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年9月22日 (木)

秋色ストリングネックレス編

P1020747_2

2つ同時に進めるのも、また楽しい!

台風15号が日本列島に深い爪あとを残して

ようやく通過しましたね。

各地に甚大な被害がで出ているようですが、

これ以上更なる自然災害に苦しむことの無い様、

ひたすら願うばかりです。

日の松江は、久しぶりに晴れ間が覗く天気でした。

空が明るいと気分も晴れ晴れしてくるものですね!

俄然やる気も湧き出てきました。

P1020745_2 

本当はペンダントTOPを作ろうと思ってましたが

秋色のネックレスを作りたくなり、急遽2パターンの

ストリングネックレスをUPすることにしました。

冒頭写真のような細めのストリングネックレスは

シャツやニット、ワンピースやドレスにも対応できる

とても汎用性の高いアイテムです。

季節感のある図案で遊ぶも良し、

幾何学模様でモダンに決めるも良し、

メタリックカラーでゴージャス&シックにまとめるも良し。

お好みの1本を是非作ってみてください!

今回は図案の参考になる書籍もご紹介しますよ!

では早速、次いってみよう~

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

図案はこちらです。

Photo_2

 カウント:11目×684段 (上記図案8回分)

 出来上がりサイズ:1.5cm×110cm前後

 使用するビーズ:デリカビーズ

          【左】DB796(赤・つや消し)×1

             DB321(グレー・つや消し)×1・・・以上20g

             DB201(白・ギョク)×3、DB10C(黒・カット)×2

             ・・・・以上3g

          【右】DB221(白アラバスタ・銀引)×1・・・以上20g

             DB722(オレンジ・ギョク)×3、DB150(茶・銀引)×1

             DB34C(薄金メッキ・カット)×2・・・以上3g

             **赤・黒ビーズは共有

 使用する材料:織り機(中)、白60番糸、織り針、ビーズ針

            ・・・今回は織り機(小)で作ってます。

【 手 順 】

① 150cm×12本白糸を切り、片側の端を1つに結びます。

② 織り機に糸掛けします。

   糸が長いのでバネにからまりやすいと思います。

   一気に巻き上げず慎重に!

③ 図案の下から上に織ります。この図案を4回織ったら

  図案をひっくり返し、また下から上に4回繰り返します。

  全部で8回織ったら、全長約110cmになります。

  あらかじめ必要な長さを巻尺で決めておいてください。

  ネクタイ巻きや結んで使用する事も考慮し、長めに作ってます。

  フリンジの長さもありますので、バランスを考えて!

  4回織った時点で実際の長さを測ります。

  半分の長さに足るようなら、図案をひっくり返して織ります。

  足らなかったら不足分を織り足してください。

  

④ 織り上がったらフリンジをつけて完成!

  【左】 グレー5・黒3・白5

  【右】 白アラバスタ8・薄金5 

   ・・・・上から順番に通し、末端の5粒の内3粒で輪を作ります。

      これをそれぞれ11本つけます。

 こちらはロングサイズなので完成まで

  そこそこ時間がかかります。

  しばらくお待ち下さいませ!

ここで、最近図案の参考にしているクロスステッチの

図案集をご紹介します。            

 P1020737_2

 下から DMC&SAJOU「POINT DE MARQUE 5,6」(洋書)

       ・・・・ヨーロッパで期間限定で発売されたシリーズ

      「クロス・ステッチ 復刻図案集」Gakken

      「Le patrimoine de l'ouest au point de croix」(洋書)

      ・・・・「西フランスのお城と家」

中でも一押しが「クロス・ステッチ 復刻図案集」です。

花や動物、建物やフォークロア柄がぎっしりの、カラフルな

図案集です。これは見つけたら即買いです!

すぐ使えそうなかわいい図案が満載で、お薦めの一冊です。

最近出版されたものなので書店で入手可能ですよ。

同様にお薦めなのがDMC&SAJOUのコラボ図案集です。

今回【左】のネックレスはこちらの図案を参考にしました。

このシリーズは限定発売だったので、すぐ入手可能かわかりません

が、見つけたらやはり即買いのシリーズです。

・・・・DMC&SAJOU図案集はアートブックショップさん、または

手芸の越前屋」さんで探せます。

そして、ただ今タペストリーはこうなってます。

P1020749

角はこれからです。

次回はどちらか、または両方の完成編をお届けします!

さくさく進めなくては!どうぞお楽しみに。

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年9月15日 (木)

オブジェにどうぞ、スワローブローチ編

P1020722

キッチュなツバメの出来上がり・・・・

先日苦楽をともにしてきた織り機(中)が

芯からバッキリ折れてしまいました・・・・。

丁度大きい織り機が使用中だったので、タペストリーは

こちらを使おうと糸掛けをしていた途中でした。

落としたわけでは無いので、完全に疲労骨折です。

10年間酷使したからなあ・・・

始めた頃を思い出して、ちょっとしみじみ。

さて、今年の春に神戸へ行った時の事。

栄町通りの雑貨屋さん巡りをしていて目に留まったのは、

アンティークのプチポアンやモザイク、

ルーサイトやベークライト製の大きめブローチ。

いずれも置いてあるだけで素敵オーラが!

ショーケースにかじりつくように眺め、ショップの

スタッフさんに出してもらって眺め、収めてはまた眺め・・・。

長い時間粘って目に焼き付けながら、

「織りでこんな雰囲気のブローチが出来ないかな」と

それ以来考えていました。写真は試作第一号です。

P1020724

・・・・確かに大きいブローチですが、なんだか

ヨーロッパのお土産物っぽい雰囲気が出てます。

シックではなくてキッチュ。

アンティークショップではなくて蚤の市。

でも、コーナーにちょこっと置くにはいい大きさです。

大好きなツバメをモチーフに出来たので

今回はこれで良しとしましょう!

では、早速次行ってみよう~

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

まずは図案から。

Photo

 使用するビーズ:デリカビーズ・・・・全て3gケース1つ

      DB217(地色・ターコイズブルー)、DB47(ツバメのブルー)

      DB1570(グレー・ツバメ影)、DB201(白・ツバメ顔他)

      DB31(金・ツバメ目・点々)、DB1562(黄色・口ばし・胸)

      赤・ピンクの花模様は余りビーズで対応

      フレームの編み込みに使用するビーズ・・・

      ファイアーポリッシュ(ターコイスブルー・4mm)×74個

      フレンチビーズ(黄緑・4mm弱程度の大きさのもの)×74個

      スワロフスキー#5301(モンタナ・3mm)×37個

      DB31(金・縁に通すビーズ)・・・37個

 使用する材料:厚紙(生地の大きさ)、合成スエード(7cm四方)

            ブローチ台(手持ちのもので)、両面テープ

            ボンドまたはグルーガン

            織り機(小)、ビーズ織り専用テグス、織り針2本

            ビーズ針、テープ

【 手 順 】

① 織り機に楊枝を1本ずつ刺し、テグスを切らずに縦糸40本分

  楊枝に引っ掛けながら糸掛けします。

P1020680P1020678

 専用テグスは極細のテグスです。今回は糸が見えないほうが

 いいので、こちらを使用します。

② テグスを長めに切って、両端に織り針を通し

  図案の下から織っていきます。

  左右のテグスが足らなくなった時は、足らない方は糸始末し、

  新たにテグスを切って横糸に結んで糸を継ぎます。

③  織りあがったら糸引きの準備です。

P1020683P1020684

 テグスなので、下が白いと見えません・・・。

④ 糸引きの順番です。

Img_0003

 この順番に糸を引いていきます。

 テグスは絡まりにくいので、とても糸引きしやすいのです!

 見えにくいのが難点ですが。

P1020693

 テグスだと糸が見えないので、すっきりしてます。

 また、60番糸で織るよりもしっかり硬めに出来上がります。

⑤ 合成スエードの切れ端と厚紙を準備します。

P1020699P1020702

 厚紙は織り生地大に切り、両面テープを貼ります。

 織り生地の裏に接着し、ブローチ台をボンドなど

 で接着します。

 今回はアートフラワーなどで使用するグルーガンで

 接着してます。ブローチ台はシャワーブローチの台が

 爪が折れて使えない物を代用してます。

 

P1020703P1020704

 スエードはブローチの金具位置に切れ込みを入れておきます。

 厚紙に両面テープを貼り付けておきます。

P1020705

 金具の針をはずして切れ込みに差し込んで

 台にしっかり貼り付けて周辺をカットします。

⑥ フレームを編み込んでいきます。

P1020706

 一周目。各ビーズとも37個使います。織りで糸引きした

 テグスを使って編み込んでいきます。

P1020709P1020710

 2周目。FPとフレンチビーズで編みこみます。

 糸始末はまだです。

 

P1020711P1020712

 2周目の外周(フレンチビーズ)に糸を通して

 台を裏を上にしてはめ込みます。

 その状態で糸をぎゅっと引き締め、糸始末します。

P1020714

 新たにビーズ針にテグスを通し、15cmテグスを残して

 スワロ3mm1個に針を通したら金1個通しまたスワロに通します。

 ぐるっと一周したらぎゅっとテグスを引き締めて、糸始末します。

出来上がり!早速、服につけてみました。

P1020725

 ・・・・大きいですね。大きめどころじゃないかも。

 やはりオブジェとして飾るほうがお薦めです。

 フレーム無しだと大きさは感じないけど、質感が

 もうひとつなんですよね・・・。

 織りのアレンジとしてフレームはとても使いやすい

  手法だと思います。あとはもうひとまわり小さいサイズ

  に作れば、使いやすい大きさになると思います。

  ビーズ織りは織りよりもアレンジに悩まされることが多いので

  ここでできるだけ多くの方法をご紹介していこう、

  と思ってます。  勉強、勉強!

さて、スワローブローチいかがでしたか?

次回はもうひとつアクセサリーを予定してます。

お楽しみに。 

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年9月 9日 (金)

インテリア小物に挑戦!-鹿のタペストリー編

Photo_3

リクエスト頂いていた「トイプードル」図案完成です!

夜、めっきり涼しくなりました。

明け方などは薄手の布団が必要なほど。

未だ夏気分が抜けきっておりませんが、

もうすっかり秋なんですね。

さて、りんごママさんからのリクエスト「チワワ」に続いて

「トイプードル」の図案がようやく完成しました。

「レッドまたはアプリコット/カット3種」で作成してみましたが、

いかがでしょう。それっぽく見えますでしょうか・・・・。

 使用するビーズは次の通りです。

プードル:DB769(こげ茶・つや消し・スキ)

      DB764(茶・つや消し・スキ)

      DB1261(黄土色・つや消し・スキ)

      DB742(ベージュ・つや消し・スキ)

      DB10(黒・目・鼻)、DB321(シルバー・目)

*背景の色は、はっきりした明るめの色を選んで。

 ただし赤・オレンジなどの茶系統の色は本体の色と

 同系色なので避けたほうが無難です。

今回は、かなりビーズの色を選ぶ図案ですので

念のため先に色の検証をしてみました。

P1020675

下は失敗例。

ビーズの質感が明らかに違いすぎでした。

背景も赤だとアウトラインがぼやけて見えます。

上は上記指定のビーズを使用しています。

プードル本体を全て「つや消しのスキビーズ」で統一

して、色の濃淡で毛の立体感を出しています。

ビーズの質感を合わせれば立体感を出しやすい

ですね。

図案の出来上がりサイズは2.8cm×4cm。

7月末にUPしたエンブレムブローチのように

通す帯を上に足して織って大きめリングを通したら、

キーホルダーとしてアレンジしやすいと思います。

***簡易織り機の長さがぎりぎりなので

織り始めは出来る限り手前からお願いします***

お試しいただければ幸いです!

さてさて、「インテリア小物に挑戦!」。

今回は、ずっと寝かせてたタペストリーにいよいよ取り掛かります!

では、次いってみよう~

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

タペストリーの図案を考えるにあたり、

1.フォークロアな雰囲気で

2.自然の景色を題材に

3.メインは鹿で、バンビではないりっぱな角をもつ

 かっこいい牡鹿

と、条件を並べてみました。

秋を題材にするとしたらイチョウや紅葉・・・

「花札」のような図案になってしまうので今回はなし。

ムースもいいけど、あの大きな角だと図案が重くなりそうだから、なし。

やはりイメージにピッタリなロケーションは冬景色。

しかし、雪に埋もれすぎると背景が寂しすぎる・・・・

・ ・ ・ ・ 

そこで、

厳しい冬を越した「雪解けの春」の景色を背景にして

岩場を登る牡鹿を図案にしてみました

Photo_2

 カウント:71目×170段

 出来上がり予定サイズ:10.2cm×28.3cm

 使用するビーズ:デリカビーズ

          DB217(空色)、DB201(白)×2・・・・・20gケース

          **これより下は、3gケース

          鹿カラー:DB734(こげ茶)×2、DB144(茶)

                DB651(黄土色)×2

          雪から覗く緑・・・DB262(黄緑)×2、 DB390(薄茶)×1

                DB391(抹茶)×2

          岩肌・山アウトライン・・・・DB321(グレーつや消し)

          もみの木・・・・DB690(濃い緑)、DB391

          フォークロアパターン・・・DB796(赤)×2

                DB47(青・銀引き)、DB262(黄緑)、DB651(黄土色)

使用する材料:織り機(大)・・・・(中)はバネ数が縦糸68本分と、

         若干数足りないのです。今回は72本必要です。

         どうしても(中)でないと、と言う場合は、バネの不足分を

         両側2本を2重に縦糸を掛けて補ってください。

         織り針2本、ビーズ針、60番白糸

         タペストリー用資材(刺繍用)1個

【糸掛け】・・・・60番白糸を70cm×72本切り、3つの束に分けて

         織り機に糸掛けします。中サイズを使用するときは

         上記の方法で。

 念願のタペストリーです!

  なかなか完成に至らず、しばしば寝かせた図案

  ですが、季節が近づいてくると気分が乗ってきました!

                

  このタペストリーは織り上がりまでしばらくお時間

  頂きます。間にアクセサリーを入れる予定ですので

  次回、お楽しみに!

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年9月 4日 (日)

インテリア小物に挑戦!-もうひとつのビーズランプ編

P1020657

うれしくて気分も晴々!

松江は台風一過。やっと心配な豪雨から

開放され、ひとまずホッとしています。

ですが。

プチスランプです・・・・

やることなす事、裏目に出る時があるものですが

今、まさにそれらしい。 

・・・・そこで、

うまくいかない図案はちょっと寝かせることにして、

道草を楽しむことにしました。

それが、このビーズランプ。

数が揃っている大き目ビーズをかき集めて

無謀にも勢いで作ったにしては、

外見はそれらしくできあがりました。

点灯するとこんな感じです。

P1020645 

もちろん正式な作り方ではないので

1年もするとボロが出てくるでしょうが

オブジェとして楽しむには、とてもいいアイテムです。

なにより、クリプトン灯の光を反射したガラスビーズは

ため息の出る美しさなのです!

P1020665 

夏の花火みたい。。。ムード満点です。

お部屋の間接照明としてペンダントライト

に取りつけてみましたが、

卓上照明なら、こんな感じです。

P1020668   

織りのビーズランプで使ったランプに

取り付けてみました。こちらは明るい!

使いやすさは断然こちらです!

使用した材料を記載しておきますが、作り方は

我流にも程があるので控えさせていただきます。

(万が一トラブルがあってもいけませんし)

・・・・といっても、前回の織りランプで作った方法と

ほぼ同じですので、そちらを参考になさってくださいませ。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

【材 料】

ランプ素材:内ネジタイプのペンダントランプ

        または、ネジ止めタイプの卓上ランプ

        25Wのクリプトン電球かシャンデリア球

        外径12.5cmのバッグの持ち手(クリア)・・・100円均一

        真鍮ワイヤー・両面テープ・コットンリボン2m弱

        50番糸(生成り)

チェコ ファイヤーポリッシュ:ルビー(8mm) ×40個

            コバルトブルー(8mm) ×40個、  

            クリスタル(6mm) × 40個・(4mm)×160個

            エメラルドブルー(6mm)×50個

            オーバルホワイト(6×4mm)×80個  

          

チェコ メロンビーズ:ディープシーブルー(8mm) ×40個

チェコ ラウンドクラックル:ブルー&ライトグリーン(8mm) ×40個  

MIYUKI ロングビューグル:ダークトパーズ(竹・30mm) ×80個

      

スワロフスキー:#5328 チョークホワイト(4mm)×120個

                クリスタル(4mm) × 180個  

丸小ビーズ:クリアゴールドライン×40個    

P1020618

                 

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

フリンジはちょうど40本。間隔は1cm取りました。

きれいに間隔が揃っていたら見た目の完成度がぐっと上がる

ので、きちんとモノサシで図って!

あと、ロングビューグルは切り口が鋭利なので

注意しないと途中で糸を切ってしまいます。

なるべく角の切り口に糸がこすれないよう

気をつけましょう。

P1020625

1本目のフリンジは上から

オーバルホワイト・FPクリスタル4mm・エメラルド・FPクリスタル4mm・

オーバルホワイト・ロングビューグル・チョークホワイト・FPクリスタル4mm

・メロン・FPクリスタル4mm・チョークホワイト・ロングビューグル・

チョークホワイト・スワロクリスタル・FPクリスタル6mm・クラックル・

コバルトブルー・スワロクリスタル・ルビースワロクリスタル・丸小

これをスタートにして、FPエメラルドとクリスタルの数で

段違いになるように作っていきます。

作製は2日もあれば十分!

ビーズの大きさや個数を参考に、オリジナルの

色あわせを楽しんでみてくださいね!

P1020634

さて、「もうひとつのビーズランプ編」いかがでしたか?

なかなか楽しい道草でした。次回は寝かせた図案

を何とかしようと思ってますので、

どうぞお楽しみに・・・・

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

漢検DS