お気に入りビーズ本

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月14日 (火)

フィッシュボーンブレスレット編-完成編

P1010699

なぜ「フィッシュボーン」かは、後のお楽しみ

そろそろマイカーを買い換えないといけない。

とても愛着のある車なので手放すのは寂しい。

・・・・しかし超高燃費な上に自動車税もぐんと上がったので

考えざるを得なくなりました。

エコカー減税の期限もあるので、先月から

ハイブリッド車か低燃費ガソリン車に重点を置いて

メーカーの一押しを試乗させてもらってます。中でも

リッター30km以上のハイブリッドカーは魅力ですね。

あとは懐具合と相談です・・・・。

それにしても、ハイスペックな自動車は低燃費を着々と実現

できているのに、なぜ一般家庭用の「低コストで低燃費」な

発電システムは実現できてないのでしょうね?

猛暑と節電の板ばさみになるくらいなら、一戸建て用の

自家発電システムを早急に開発して欲しいものです。

さてさて、

夏に向けて軽やかなブレスレットが欲しい。

そう思って作ってみたのですが・・・・・

狙いは確かだったものの、今回は

色あわせがもう一つ微妙な出来上がりです・・・・・、惜しいことに。

しかし、いくらでもアレンジできる手法なので、

是非別の色で挑戦していただきたい、と思います。

では、早速次いってみよう~

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ビーズ織りの編みこみブレスは、

編みこんだ面のビーズがよれて皺になりやすく、

なめらかに仕上げることが結構難しい。

この難点がいやで、ずっと編み込みに手が出ませんでしたが、

ビーズが滑りにくい素材なら皺がよりにくいのでは?

と思い当たり、縦糸をビーズ糸からワックスコードにして

試しに作ってみることにしました。

****************** ☆ **********************

出来上がりサイズは、手首に巻いた状態で約17cmです。

準備するものは・・・・・

材料:ワックスコード(蝋引き紐)グレー 7m分

   デリカビーズ DB201(白)×1、DB38C(シルバー)×1(3g)

   ウッドビーズ 白・3mm玉×220個

   シェルボタン(グレー・直径15mm)1個

   60番糸グレー

使用する道具:織り機(中)、織り針(先を切ったもの)

         テープ

****************** ☆ **********************

① まず、ワックスコードを40cm×16本切ります。

② 織り機にワックスコードを4本セットします。

P1010654

  織り始めまでを15cm取り、バネに通します。  

  その時、2本目と3本目の間を縦糸2本分あけます。

③ 織り始めます。

  60番糸グレーを使いやすい長さに切り、織り針に通します。

  ウッドビーズは通し穴がざらついているので糸がぼそぼそに

   なりやすいのです。糸はあまり長く切らないで下さい。

P1010655

  白1粒・ウッド1個・白1粒を1段織ります。

  ワックスコードが太いので1粒ずつすくって

  織ります。

P1010656P1010657

  2段目の1つ目をはめ込んだら、縦糸の2本目と3本目の間から

  1段目のウッドビーズに針を通し、

  また針を下に戻して3つ目をはめ込みます。

P1010659P1010660

  縦糸の上から白・ウッド・白と針を通します。

  これをウッドビーズ52個分繰り返します。

P1010662

④ これを4本作ります。

P1010664

・・・・なんか、3枚に下ろした後の魚の骨に似ています。

このとき「フィッシュボーンブレスレット」と命名しました。

⑤ 織り機に4本を②同様にセットします。

  織り始めの位置をそろえてバネに通します。

P1010665

  バーに巻きつけたコードをテープで固定します。

  反対側も同様にします。

⑥ 4本分つなげて織ります。 

  4本の織り生地の下から1段目を織り始めます。

P1010674

  1段目:白4・シルバー1を3回繰り返した後、白4

  2段目と3段目:要領は最初の③と同様ですが、

           間にシルバー1を入れます。

  この1段目~3段目を2、3回繰り返し、最後にシルバーのみ1段

  織って、糸始末します。

⑦ 反対側を手前にして、手前のコードをバネからはずします。

  ここから四つ編みにしていきます。

P1010675P1010678P1010679 P1010680P1010681P1010683

  4回繰り返したら、手前のバネにコードを通してテープでとめ、

  ⑥をウッドビーズ1個分織ります。最後にシルバーのみ

  1段織って、糸始末します。

P1010684

⑧ さて、ワックスコードは糸引きできないので

  巻き結びして仕上げます。

  縦糸を半分に2束にし、真ん中から左右に

  それぞれ縦巻き結びしていきます。

  1段目は1本取り、2段目は2本、3段目は3本で

  4段目でひとつにまとめて結びます。

  最後に左右を真ん中で本結びにし、余分な糸を切ります。

P1010685

 もう一方は中央2本を除いて、同様に縦巻き結びし、

 最後に本結びします。

 中央2本の一方に1.5cmあけてシェルボタンを通し、 

 もう一方のコードにひと結びし、糸端は5mm残して切ります。

 もう一方も同様にボタンに通してひと結びします。

 ・・・・・縦巻き結び・本結び・ひと結びの方法は、

 ヘンプやワックスコードのアクセサリーの本に詳しく

 説明されています。よってここでの説明は控えさせていただきます。

 後は、糸端をライターであぶって、接着させたら完成です!

P1010692

 ボタン部分はこんな感じになってます。

P1010703

軽さを重視してウッドビーズを使用しましたが

地味すぎました・・・・。

しかし、仕上がりは狙い通りきれいに出来ました。

ワックスコードは色が多彩なので、いろいろ試してみてくださいね。

P1010706

編みこみではなく1本で長く作ると

ぐるぐる巻くラップブレスレットになります。

ワックスコードだとかなり手軽に作れると思います。

ぜひお試し下さい

P1010708

こちらの本は、結び方の説明がわかりやすいです。

 さて、次回は「インテリア小物に挑戦編」です。

  何を作るかはお楽しみ、ということで。

  少しお待ちくださいね。ではでは・・・・

  

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年6月 8日 (水)

アミュレットパースで遊ぶ-ベツレヘムの星編(完成編)

P1010648

初夏の風をまとう、フォークロアの星。

・・・・・今さらなのですが、私は金属アレルギーです。

真鍮製は夏になると汗と反応し、かぶれること必至。

アクセサリー好きとしては痛い体質ですが

お陰で私がビーズに目を向けるきっかけになりました。

今回の「ベツレヘムの星アミュレットパース」は

夏を意識して涼やかに仕上げたいと思います。

もちろん、チェーンも全てビーズで作りますよ。

では、早速完成編行ってみよう~

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

図案を少し手直ししました。

Photo_2

① 図案の上から下へ織り、 「わ」まで織ったら

  今度は下の二段目から上まで織ります。

  (写真では「わ」はシルバーラインになってます)

P1010593

② 織りあがったら縦糸の糸始末をします。

③ 生地を三つに織りにします。

  まず上から15段で折り、ここがフタの部分になります。

  残りを半分に折ったら、ちょうど表の上の柄がフタと重なります。

P1010598P1010597

④ 横をかがり、糸始末します。

⑤ 本体底に縁飾りを施します。

2

1. ビーズ針に60番糸2mを通します。 下段左端に針が出るように

  適当にコの字に針を進め、 その途中で横糸に糸を結びます。

2. 1段目を織ります。

  本体の底辺の左端から糸を出し、シルバー(DB21)5個を拾って

  4個目のビーズに糸を通します。

  糸を出しシルバー5個を拾ったら8個目に糸を通し、

  以後これを繰り返します。

3. 右の山を作ります。

  1)本体下段右端から11個目で針を出し、

   1段目右から三つ目のシルバー飾りの左3粒目まで糸を通します。

P1010603  

  2)2段目を織ります。

   DB271(グレー)5個を拾い、右隣りの飾り3粒目に糸を通します。 

   これをもう一回繰り返します。

  3)3段目を1つ作ったら(DB271)右の山が完成です。

   そのまま山の外周に糸を通し、本体下段を通って

   右から4個目のシルバー飾りの3粒目に糸を出します。

4. このまま中央の山を作ります。

  シルバー飾り5つ分で山を作りますので、

  ③同様にDB271(グレー)で2段目から5段目まで織ります。

  以下、左の山も同様に進めます。

P1010604

5. 山のトップにフリンジ飾りをつけます。

  手描きの通りにビーズを通し、糸を引き締めます。

P1010608

 山の外周に糸を通していって、真ん中の山の中央に

 糸を出します。フリンジは同じです。

6. 三つフリンジが付いたら、糸始末をして

  縁飾りは完成です。

P1010612

このネット状の山は、ビーズバッグのフリンジに

よく使われる手法です。

P1010624

懐かしい!初めて作ったビーズバッグです。

(デリカビーズ織り協会の教材です)

****************** ☆ *******************

最後にネックレスチェーンを作ります。

P1010646

① テグス2号を2m切り、まずデリカビーズを

  白2個・シルバー2個・グレー5個・シルバー2個・白2個

  の順に通し、ちょうどテグスの中央に配置します。

  ↓

  テグスの両端を一つにまとめて白のチェコビーズに

  通します。

  ↓

  テグス1本ずつに白4個を通し、シルバ-1個に

  テグスを交差させて通します。

② チェーン部分は、①の続きから

P1010647_2

  左右のテグスにシルバー2個・グレー2個・白2個を通し、

  シルバーで交差させます。

  更に白2個・グレー4個・シルバー2個を通し、シルバーで

  交差させます。

  これが1セットとなり、これを32セット作ります。

  32セットで全長75cmになります。①を両端に入れたら

  80cm強です。長さ調節はここで行ってください。

③ ②のあと①を逆に作って結んだら、チェーン完成です!

本体にチェーンをつなぐ輪を取り付けたら、丸カンでつなぎます。

P1010645

大好きなチュニックに合わせてみました。

中にお気に入りの香水を含ませたコットンを入れたり、

大事にしている御守りアイテムを忍ばせたり・・・・。

よかった!ちゃんと涼しげにできました。

夏のフォークロアアイテムが1つ完成です!

 さて、次回は「編みこみブレスレット」です。

 ちゃんとごわつかずに出来ますように!

 どうぞお楽しみに・・・・・

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年6月 2日 (木)

アミュレットパースで遊ぶ-ベツレヘムの星編(図案編)

P1010571

縁飾りも付いて、ドイリーっぽくなりました。

青い鳥ドイリーの縁飾りが完成です!

ちょっとかわいく、チェコの赤いしずくビーズを使用しました。

二段目の茶金の先は、やはりピコットで仕上げたほうが

収まりも良いようです。

甘さと渋さのバランスもほどほどに出来たかな、と思います。

では、まず仕上げ編から行ってみよう~

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

① 糸引きが終わったら右端中央からはじめます。

  (できるだけ長めに糸を切ります。)

  まず、適当な場所から糸をコの字に通し、1回横糸に糸を結びます。

P1010546P1010547 P1010549P1010550

  あとは右端に糸を出すまでコの字に通します。

② 1段目を織ります。

P1010552

 DB23C7個を針に通し、織り生地の糸を出したところから

 6個目のビーズに針を入れます。

③ カーブの急なところは7個では足りないところが出てきます。

  そのときは9個で織っていきます。

④ 横エリアに入ったら、糸を出した場所のビーズ込みの

  5個目に針を入れます。

P1010554P1010556

⑤ 1周したら1段目終了です。

⑥ 2段目は、1段目最初の飾りのビーズ4個目に

  糸を出します。

P1010559

⑦ 茶金1個・白2個・緑1個・しずく1個→リターン

  を通し、隣の飾りの4個目に糸を通します。

⑧ 次は茶金でピコットを作ります。

P1010563P1010564

 茶金7個通し、その4個目に写真のように針を入れます。

 引き締めたら4個が輪のようになります。これがピコットです。

P1010565  

 あと3個茶金ビーズを通して引き締めたら、

 同様に4個目に糸を通します。

  

⑨ 1周したら出来上がり!

   本体に糸をコの字に通し、何度か横糸に結んで

   糸始末したら、いよいよ完成です。

 P1010581

 ビーズは薄いガラスなので重たい物や食器などは

 置けませんが、リングや車のキーなどはOKです。

 存在感があるのできっといい目印になると思いますよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さあ!今日はアミュレットの図案も掲載します!

今回は「ベツレヘムの星アミュレット」です。

「ベツレヘムの星」とは、雪の結晶のような、どこかで

必ず目にしたことのある花星のパターンのことです。

ヨーロッパに古くから伝わるもので、同名のお花が

あります。(白くてかわいいお花です)

Photo

  使用ビーズ:デリカビーズ

     DB201(地色・白)×1(20g)

     DB218(薄いブルー)×2(以下3g) DB21(濃いシルバー)×1

     DB271(薄いシルバー)×1 DB25(濃いブルー)×2

     DB795(赤)×1  DB163(黄緑)×1

  使用する材料:織り機(中)

           白の60番糸、織り針1本、ビーズ針

           テープ   

 糸は50cm×44本準備し、2束にして糸掛けします。

  

   織り作業は基本的なものなので、

    早く織りあがると思います。

    したがって次回はフリンジ編からスタートします!

ところで・・・・

台風一過以来、梅雨というより夏のゲリラ豪雨のような

雨が続いています。どうしちゃったのでしょうね・・・・・

まあ、不安は尽きませんが、気分を変えて

我が家の新入りのカエル達をご紹介しましょう

P1010588

「新人アマガエル2匹、ベルツノプリンスに挨拶」の図。

このアマガエルたち、とてもとてもリアルなのです!

(株)奇譚クラブ「ネイチャーテクニカラーMONO」制作

のガチャガチャで、これらは「アマガエルシリーズ」のマグネット。

ちなみに、バックに写っているベニテングダケも、

同社製のキノコストラップシリーズです。

・・・・・キノコはリアルすぎて、正直ちょっと引きます

5月にうさぎシリーズも発売されたそうで、

こちらも要チェックです!

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

漢検DS