お気に入りビーズ本

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月28日 (土)

インテリア小物に挑戦編-青い鳥ドイリー(途中経過編)

P1010534

織り完成・・・・・所々図案を変更しています。

やっと、織りあがりました!

織りながら葉っぱと幹に影をつけていたので、

やや時間がかかってしまいました・・・・

でも、前の図案よりも陰影が付いて良くなったと

思います。変更した図案は次の通りです。

Photo

完成サイズは、21.5cm×15cmとなり、

予定よりやや大きめです。

縁かざりをつけたら結構存在感のあるものに

なりそうです。

追加のビーズは以下の通りです。

縁の色:DB23C ×1 (縁飾り用込みで20g)

葉の影:DB788 ×1 (以下3g)

幹の明るい部分:DB764 ×1

空(左から):DB919、DB1595、DB1229 ×各1

あとは糸引きと縁かざりです。

これも手間と時間のかかる作業ですが、

仕上げが肝心ですから、根気良くいきましょう!

Photo_2

・・・・ちょっと解りづらいかもしれませんが、2段の

レース編みのような網目状のかざりができます。

アンティークな風合いがお好みの方は、全てDB23Cで

飾るのも落ち着いていて良いかもしれません。

(その場合は二段目の先端をピコットにすると尚いいかも)

是非、オリジナルの縁飾りを楽しんでみてくださいね!

さて、次回はドイリーの完成編とアミュレットパースの図案を

一緒にご紹介したいと思っています。

さあ!ドイリーの仕上げ、頑張らなくちゃ!

P1010531

宍道湖沿いにある「清松庵たちばな

店内のCafeでとっても美味なみつ豆をいただきました。

寒天に弾力があってもちもち!フルーツの甘酸っぱさ

がさわやか!玉露とセットになっていました。

盛り付けも繊細で目にも楽しい一品でした。

松江にお越しの際は是非、和菓子でほっこりしてみて。

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年5月19日 (木)

インテリア小物に挑戦編-青い鳥ドイリー(図案編)

P1010499

ビーズのマチ針・・・・中央奥の猫2匹は「福井みすや針」にて。

数日前、島根県に光化学スモッグ注意報が!

この、のんびりのどかな県に一体何が・・・・

と思いましたが、何かあったのではなく

原因は黄砂と同様に「大陸から風に乗って」でした。

地球は一つ、を実感する現象です。

そして福島原発事故もまた然り、なのでしょう。

(もはや一企業の手に負える問題なのかと

思わずにはいられません)

現地で身を挺して働く職員、住む土地一切を置いて

離れざるを得ない方々、

そして震災の被災地で必死に生活する方々のためにも、

もう「想定外」という言葉は聞きたくないものですね。

ところで、最近天然石ブレスレットにはまっています。

昨日出来たのは、紫と緑のフローライトをメインにしたこちら。

P1010482

フローライト(和名:蛍石)は多彩な色を持つ石ですが、

どの色を使っても全体的に和風な仕上がりに

なるような気がします。

みつ豆っぽいというか、緑茶っぽいというか・・・・ 

「天才の石」とも称され、集中力や思考力が

高まると言われています。

これを身につけて、少し石の力にあやかりましょうか・・・・。

では早速、スタートしましょう!

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今回は、玄関やちょっとしたコーナーに敷く

ミニサイズのドイリーを作ってみようと思います。

大切な指輪や鍵、小さな置物のお決まりの場所として

いかがでしょう。

まずは図案から。

A

   カウント:105目×130段

   出来上がりサイズ:14cm×20cm(予定)

   使用するビーズ:デリカビーズ  DB47(青)×2

             DB775(赤)×2、DB163(緑)×3、

             DB769(こげ茶)×2、DB1563(オレンジ)×2

             ・・・・・ここまで3gケース

             DB211(地色・白)×2(20g)

   使用する道具: 60番白糸、 織り機(大)

              織り針2本、ビーズ針、

              ふち飾り用丸大ビーズ(お好みの色)×130粒程度

 【 織り作業までの準備 】

① 60番の白糸を60cm×106本切り、

  20本を1束にして片側を1つに結びます。

② 織り機(大)に普通に糸掛けしていきます。

  

特に変わった作業はありませんが、縦糸が多いので

 糸が緩みやすくなります。

 緩みの原因はもう片方の結び目の位置のズレなど

 糸掛けに因ることが多いのです。

 丁寧な作業が要求されるところですね。

 冒頭のマチ針の山は、10年以上前に

  余っていたチェコビーズで作った物です。

P1010494

  金属用セメダインの残りがもったいなくて

  ついでに出来た産物なのですが、以来引き出しの奥に

  ひっそり忘れ去られていました・・・・・。

  先日偶然発見し、「もう錆びてるかな・・・・」と思ったのですが

  錆びや劣化は全く見られず、新品同様でした。

  桐箱のお蔭かな。先人の知恵はすばらしい!

   みすや針の猫マチ針、FP6mm程度の大きさですが

    しっかりかわいい!

   P1010491

    あまりにかわいすぎて使うのが惜しいほど。

    福井みすや針さんのHPで季節のマチ針を

    見ることが出来ますよ。

  さて、次回は完成編になると思いますが、

   長丁場になったらサイドメニューを入れるかも。

   どうぞよろしくお付き合いくださいね。

  

  

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年5月12日 (木)

大人マリンなネックレス編-完成編

P1010446

本日松江は雨、風、風・・・・・。

マリンネックレスの写真を撮ろうと思ったら、

いつにも増して部屋が暗い!

四苦八苦しながら撮影していると、怪我の功名といいますか、

ラブラドライトのアンニュイな煌きを撮ることができました。

この青みがかった色こそが、「アゲハ蝶の羽の色」に例えられる

ラブラドライトの特徴の一つです。

さざれ石なので青みはそこそこですが、それでも

存在感のある、シックな雰囲気を醸しだしています。

表題通り「大人マリン」にちゃんとなっているんじゃない?

・・・・・・などと自問自答しつつ・・・・・・・・

まずは、次いってみよう~

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

(前回からの変更点)

 さざれ石の縦糸に通す個数を、左列から順に少しずつ増やし、

  最右列では約3cm長くなるようにしました。

織りはじめから。

① 縦糸に通してあるDB2Cを40個を織り機の手前に下ろし、

  1段目を織り始めます。

P1010386P1010387

P1010389

  隙間なくそろえます。

② 1パターン織ったらDB2Cを20個下ろし、

  左端の列に1パターン目の終わりの糸を通します。

P1010391_2P1010392

③ 通した糸をそのまま使って2パターン目を織ります。

  織りあがったら、糸始末します。

④ ネジを緩めて、まず手前のバーに織り生地を巻き取り、

  向こう側に巻いてあったさざれ石を手前に下ろします。

P1010402P1010403 P1010404

 全部下ろしたら更に手前のバーに9割巻き取ります。

  この時、縦糸の順番がばらばらにならないよう気をつけて!

⑤ 織り機を180度回転させ、縦糸を一旦バーからはずし、

  バネに縦糸を順番に通してテープで仮止めしておきます。

P1010405P1010407

⑥ 織り機を元の位置に戻し、3パターン目を織り始めます。

  4行織ったところでさざれ石との間に出来た隙間を

  縦糸を2本ずつ引いて解消していきます。

P1010410P1010412

 縦糸を引くときは、さざれ石が通っている2本を同時に引きます。

⑦ 織り機を180度回転します。

  縦糸を引いたあとは糸がたわんでいるので、

  ⑤で仮止めしていた縦糸をはずし、

  P1010416

 今度はしっかり糸掛けします。

⑧ 織り機を元の位置に戻し、3パターン目の続きを織ります。

  あとは②③と同様の工程で4パターン目も織ります。

P1010418P1010419_2

  終わったら糸始末をして、本体を織り機から降ろします。

  この時両端をテープで留めておきます。

⑨ カツラ金具と9ピンを準備します。

  糸端をビーズの極わで4回連続で結びます。

P1010421P1010425

P1010426P1010428

  4回目の結び目に9ピンの輪を開けたものを差しこみ、輪を閉めます。

  更に2回結び目の上から結びます。結び目にしっかりボンドを塗ります。

⑩ ボンドが固まったら糸端に両面テープを貼り、

  ぐるぐるっと巻きつけます。

P1010431P1010432 P1010433P1010435

 カツラ金具をかぶせたら9ピンをめがね止めし、

 丸カン、アジャスターとフックを取り付けて完成です!

P1010449

地味かもしれないと思い、付属品として天然石で

タッセル飾りを作ってみました。付けてみると・・・・・・

P1010450 

・・・・・・ん?なんだか、如何ともしがたい感じ。

無くていいみたいですね・・・・・。 残念。

P1010462

性懲りもなく、アジャスターの先に付けてひっくり返して

みました。・・・・これならちょっとアリかな・・・・

ラブラドライト、あまり心配すること無かったようです!

仕上がりも上々な出来です。これからの季節に

活躍できそう。良かった・・・・・・。

ただし、この手のネックレスは縦糸が切れたらダメージが大きい!

極力作業中に縦糸が擦れたり針で傷つけたりしないよう、

気をつけましょう。

 さて次回は「インテリア小物に挑戦」ですよ。

  ドイリーにしようか他の物にしようか、迷ってますが

  どうぞお楽しみに。

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

2011年5月 9日 (月)

大人マリンなネックレス編-図案編

P1010294

ゴールデンウィークの最後の週末、いかがお過ごしでしたか?

私はどこかからもらった風邪菌のせいか、40℃の高熱が出て

2日間寝込む羽目に。

あまりに熱が上がり続けるのにびっくりして

夫にロキソニンを買ってきてもらい、なんとか熱は下がりました。

(ロキソニンの効き目の早さにも更にびっくりです)

高熱と扁桃腺の腫れ、といった症状の風邪が流行っている

らしいので、風邪気味な人の手放しの咳やくしゃみに気をつけて!

さて、写真は最近購入したステンドグラスのフレームです。

1930年代のロンドンのもので、クラシックローズのモチーフが

かわいらしくてネットで購入。

届いてみてサイズが思った以上に大きかったのですが、

こうして飾って楽しんでいます。

ステンドグラスの前にいると不思議なほど時間がゆっくり

流れているような気がします。

そして光を受けたガラスの色が実に綺麗なんです。

朝、ひと仕事終えてこの前に座って

お茶を飲む時間がとても楽しみになりました。

ようこそ我が家へ!

あと20年、家でじっくりアンティークにおなり。

では、マリンネックレスに行きますか!

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今回天然石のさざれ石を使用したいと思って、

在庫をごそごそ探していましたが・・・・・

ん~、ラブラドライトしかない!MOPかターコイスがあると

思ったんだけど、量が少ない・・・・

できれば「冷蔵庫に卵と鶏肉があるから・・・」的な

ある物で作るお手軽ネックレスにしたかったので、

今回はラブラドライトを使うことに。

ちょっと渋すぎるかもしれませんが、何とかやってみましょう!

では図案です!

1

  カウント:21目×(140段×2)

  出来上がりサイズ:3cm×43.3cm

  使用するビーズ:デリカビーズ DB2C(濃紺・カット):1ケース (20g)

              DB211(白・ラスター):1ケース(20g)

              DB271(グレー・中染め):1(3g)

              ラブラドライトさざれ(Sサイズ)38cm1本分

  材料:織り機(中)、50番グレー糸、

       織り針(先を切ったもの)、ビーズ針細め、テープ

       キャップ2個、9ピン2本、引き輪かカニカン1個、

       アジャスター1本(メタルパーツはシルバーで)

《手 順》

左列上段から始め、右列に進めます。

ブルーのたての縞々はビーズが縦糸に通っている所です。

グレーは天然石ゾーンで、右列の最下段が「わ」となります。

①  50番糸を80cm×22本切り、

  織り機に普通に糸掛けします。

② 手前になるほうの糸端の結び目を解き、

  バネに通っている順に端から2本ずつ糸をビーズ針に通し

  DB2Cを60個、ラブラドライトさざれとDB271を交互に全11cm、

  DB2Cを60個の順に通します。(11本出来ます)

P1010363

天然石の穴が細い時は、1本ずつ地道に通しましょう。

③ 織りのスペースを確保するために、2/3を向こう側に押し込み

  改めて手前をバネに通して糸掛けします。

P1010383

  これくらい押し込みます。

④ 縦糸がピンと張れたら織り始めです。

 さて、次回は完成編です!

  これ、かなり早くできますよ。長さもチョーカー

  より少し長めくらいです。

  あとはラブラドライトの色味がどう影響するか、ですね。

  いろいろ、お楽しみに!

ところで・・・・

地味といってもラブラドライトは「アゲハ蝶の羽の色」

に例えられる、見る角度で虹色に変化する魅力的な石です。

信念を貫く力を養い、眠った才能を引き出すとされる

スピリチュアルな石でもあります。

こうしてみると悪くない気がしてきますね・・・。

P1010341

よろしければ、こちらもポチっとおねがいします。

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ハンドメイドブログへ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

漢検DS